2017年12月6日水曜日

Google Home Mini からAmazon Echo Dot を操作してみる

この記事は、おうちハック Advent Calendar 2017 の7日目の記事です。

はじめに

スマートスピーカー流行ってますね、ご多分に漏れず私も何か買って遊びたいと Amazon Echo Dot、Google Home Mini を購入しました。
(余談ですが Amazon Echo Dot は発売後の割引で購入すると約4000円、Google Home Mini は12月に入ってからの50% OFF で約3000円、合計してもヒミツのくまちゃんを定価で買うより安いのでどちらか片方でも買ってみることをお勧めします、今後もセールはやるはずですし。)

Google Home Mini の方が少し大きい

Amazon Echo、Google Home のそれぞれの機能については下記サイトで説明があったので気になる方は参考にしてはいかがでしょうか。

Amazon Echoとアレクサで出来る17の事とその使い方・コマンド例
https://yuki-no-yabo.com/what-is-amazon-echo/
Google Homeで出来る20の事と使い方・音声コマンド例のまとめ
https://yuki-no-yabo.com/what-is-google-home/


で、何に使うの?

おうちハックということで、それぞれのデバイスから hue の操作をしてみたりとかも考えましたが、そんなおり、スマートスピーカーIFTTT 大喜利 Advent Calendar 2017GoogleHome x IFTTT で、寝る前にかかとにクリームを塗る!という記事を読んでGoogle Homeは外部から喋らせることができることを知り(Amazon Echo はできない)、そんなら外部トリガーで Google Home から Amazon Echo に話しかけて、 Amazon Echo の話しかけられたトリガーで Google Home を喋らせることができれば無限ループできるんじゃない?という妄想に至りました。

Google Home Mini がひたすら Amazon Echo に話しかけ続ける

というので作ってみたのがこちら(キーワードがテレビなのはテレビを操作しようとして諦めた名残です。。。)



でもこれじゃああまりにも味気ないよなぁ、、ということで、さらに Amazon Echo の応答音声で Google Home を起動させればその音声をトリガーに Amazon Echo から Google Home 経由で他のサービスをキックすることもできるはずなのでやってみようかと。
Amazon Echo の返答次第で Google Home も動き出す

これを hue を操作する例で考えると、

Google Home「アレクサ、電気をつけてください」
Amazon Echo「はい、電気つけますね」
ーーー電球ONーーー
Google Home「アレクサ、ありがとう」
Amazon Echo「いえいえ、どういたしまして」

とか、

Google Home「アレクサ、電気つけて」
Amazon Echo「OK Google、あなたが電気つけて」
Google Home「電気つけます」
ーーー電球ONーーー

なんてやりとりをさせることもできるはず。スマートスピーカーのプラットフォームの囲い込みは今後熾烈になってくることが予想されますが、スマートスピーカー同士が会話することでお互いの弱点を補い合うなんてことができたらおうちの中も賑やかになるし楽しいのではないでしょうか(最後無理やりおうちに結びつけたな)。


※対話型の方は実際に環境作っているのでこの後動画を追加します

2017年1月1日日曜日

MA2016 FESTA で寿司を放し飼いにしてきた

もう去年のことになりますが、MA2016 FESTA光る寿司を展示・デモしてきました。

光る寿司(自走式)
ストロービーズとMakebotのラジコンを使って小さい力で大きいものを動かしてみよう、という当初の光る寿司要素はほぼ無視されて生まれ変わった光る寿司。中型犬くらいの大きさがあって、自走させているときはよくわからないぷるぷるした動きをすることで謎の印象を残すことができました。どんな感じだったか写真で紹介します。

暗いと光っていることがわかる

作業スペースで勝手にデモ?が始まる

LTを待つ人の傍らには寿司が

寿司枠の展示中、ポツンと一人寿司
場合によっては懐く寿司 

オブジェに取り込まれた寿司

反響など

無駄に大きかったことで人の目についたせいか、MA2016の決勝とは何の関係もない作品であるにもかかわらず多少の注目を集めることができました。(主に遠巻きで見られるか「何これ?」と聞かれるかのどちらか)
加えて、他の人が撮った写真に寿司が映り込んでいたのが面白かったので合わせて紹介してみます。


準備中の寿司



展示中の寿司



言われてみればぷるぷるする寿司、怖い



最後はダジャレで。。

寿司のこれから

さすがにMA2017も寿司をやることはないと思いますが、ストロービーズを使って軽量で大規模な構造物を作ることや、ラジコンを組み合わせることでその構造物を制御する、というやり方は応用がききそうで、他にも試してみたいと思ってます。